砂と鉄

よく分からない備忘録たち

吴樾さん出演作品の鑑賞記録

吴樾(呉樾)さんの出演されている作品の鑑賞記録です。

見たまま記録に残していなかったため、個人の記録と感想のまとめです。

 記憶に頼っている部分もありますので、あまり参考にはなりません。

記憶にある限り、見た順にまとめていきます。
※修正点がありましたら、気づき次第修正します。

 

作品の内容に触れる部分、趣味の偏った作品の感想が多々ありますので、お気をつけください。

 

 

 

『SPL 狼たちの処刑台

邦題

『SPL 狼たちの処刑台
原題 『殺破狼 貪狼』
公開 2018年9月1日(日本)/2017年8月25日(香港)
鑑賞 劇場
配役 崔杰

 初めて吴樾さんを知った作品です。

『ドラゴン×マッハ!』から映画を見るようになり、関連作ということで見ました。

トニー・ジャーさんとルイス・クーさんが出るので楽しみにしていたら、初めて見た吴樾と作品の重々しさの衝撃を受けながら、吴樾を段々と認識していった記憶があります。(ここから半年ほどかけて推しになっていった気がします)

崔杰さんはすごくかっこよく、SPL関連作の中では最も頼りにしたい(倫理観がありそう)と感じる刑事さんで、妻子を大切にする方でもあり…、個人的にとても好きな人物でもあります。

あと、作中で歌を歌う場面があるのを見るたび「ファンサービスだ!」と泣きそうになります。 「パパだよ」という最高のセリフで、「パパ…?」と頭が混乱するので危ないです。

タクさんの車を停めるチュイさんが、『となりのトトロ』のさつきちゃんくらいかわいいので、「なぜ、こんなにかわいい姿をして…無自覚?」と思っています。(※幻覚です

吴樾の笑顔からかっこよく戦うアクションシーン、同僚と仲良くする姿、苦悶する表情や奥さんを大切にする最高の場面まであり、本当に最高です。

ブルーレイの特典映像も最高なので、最高です。

 

 

『狂獣 欲望の海域』
邦題 『狂獣 欲望の海域』
原題 『狂兽』
公開 2018年11月3日(日本)/2017年11月10日(香港)
鑑賞 劇場
配役 阿德(嚴志德)

 ネタバレを避けすぎたあまりに、「たしか『貪狼』で出ていた方が出演される…?」という何も知らない状態で見に行きました。

その結果、予想もしない最高の友情と重い憎しみを主人公に向ける(※これは個人の解釈です)わたしの好みに直球の作品と役柄で吴樾さんが出演されており、何も分からなくなりました。

出てくる方々全員の顔がよく、アクションも最高、そしてストーリーや展開もわたしの好みすぎるという最高に好きな作品です。

この作品で、主人公の西狗さんの誕生日は不明ですが、なぜか阿德さんは個人情報の載った書類が映される場面で誕生日が「1978/11/15」と判明します。この書類が欲しいです…

ここから吴樾さんにはまっていった気がします。

 

f:id:oxoxoxoxy:20210320222612j:plain

劇場で鑑賞したときに入場特典でもらった現地ポスター(?)を使用したフライヤーです。見るたびに最高です…!となります。

 

『コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義』
邦題 『コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義』
原題 『寒戰II』
公開 2017年6月10日(日本)/2016年7月8日(香港)
鑑賞 ネットフリックス
配役 胡天聞

吴樾さんの出演作品をとにかく見ようとして、いろいろと見ていた時期です。

途中から吴樾さんが出てきますが、意外にも登場回数があるので見ていて最高です。

他にも出てくる方々が豪華なので楽しいです。

最後は苦しくなりますが…(これからどんどん苦しくなります)

 

 

『戦神 ゴッド・オブ・ウォー』
邦題 『戦神 ゴッド・オブ・ウォー』
原題 『蕩寇風雲』
公開 2018年3月10日(日本)/2017年6月15日(香港)
鑑賞 DVD
配役 楊超

 豪華な俳優さん方とかっこいいアクション、義理人情、策略…と見ていて楽しいです。

吴樾さんは途中から出てきて、かっこいい素敵な役で最高です。日本で最も手軽に古装の吴樾さんが見られる作品かもしれません。

…最後は苦しいですが。

 

 

『ラスト・ソルジャー』
邦題 『ラスト・ソルジャー』
原題 『大兵小将』
公開 2010年11月13日(日本)/2010年2月25日(香港)
鑑賞 DVD
配役 劫匪

ジャッキー・チェンさんが主演の作品ですが、吴樾さんを目的で見ました。

吴樾さんは序盤で出てきますが、かわいいところがある人物で最高です。他の作品ではあまり見られない衣装をされているのもよかったです。

しかし、なぜこのような目に遭わせるのか…と思いました。

もしも生きている姿が見られるのではという希望を、最後まで抱いている一部の鑑賞者もいるのに…

 

 

『ポリス・ストーリー/レジェンド』
邦題 『ポリス・ストーリー/レジェンド』
原題 『警察故事2013』
公開 2014年6月6日(日本)/2014年1月16日(香港)
鑑賞 ネットフリックス
配役 阿越

ジャッキー・チェンさんが主演の作品ですが、吴樾さんを目的で見ました。(2本目)

吴樾さんの配役が名前そのままなところで察しの通り、あまり出てきません。それでも、アクションシーンがあること、他の作品ではなかなか見られない衣装をされているので最高です。

あと、この作品の吴樾さんは無事です。逮捕はされていますが…

 

 

『バース・オブ・ザ・ドラゴン』
邦題 『バース・オブ・ザ・ドラゴン』
原題 『Birth of the Dragon』
公開 2018年2月16日(日本)
鑑賞 DVD・ネットフリックス
配役 太極拳の使い手(エンドクレジット未確認です)

吴樾さんが目的で見ましたが、好きな俳優さんが出ていない限り見るのをおすすめしない作品です。フィリップ・ンさんのアクションは最高です!

それでも、特に興味もないのに見るとすれば、『死霊の盆踊り』の方がましかもしれない…です。無を見たいときには、おすすめです。

太極拳を使う吴樾さんが見られるのでその点は最高ですが、序盤以外には出てきません。

この作品の吴樾さんは無事だと作品を見ていると分かりますが、この作品で覚えているのはこのくらいです。

 

※ネットフリックスでの配信は2021/2頃からされていないようです。

 

 

『イップ・マン 完結』
邦題 『イップ・マン 完結』
原題 『葉問4:完結篇』
公開 2020年7月3日(日本)/2019年12月20日(香港)
鑑賞 劇場
配役 萬宗華

劇場の4DXで鑑賞し、「吴樾さんとドニーさんが触れた…!」と感じながら見ました。(最悪の感想)

太極拳の使い手として、とにかくかっこよく描かれているので最高です。

声も吹き替えられていないうえに、父として最高に素敵な姿を見せてくれます。 

わたしはこの作品を見るたび、吴樾さんが出る場面から記憶が薄れてしまうので何回も最高!と言っています…

 

 

『英雄本色2018』
原題 『英雄本色2018』
公開 2018年1月18日
鑑賞 DVD
配役 皮筋

日本ではイベント上映されたのみらしく、日本ではDVDなどの販売はされていません…

日本語を話す場面や衣装が少し砕けて派手な姿、調子に乗っている仕草などが最高です。

日本語字幕がないので話は分かっていませんが、この作品に出てくる吴樾さんは最高です!

途中まで出ますが、かなり退場があっけなく苦しくなります…
しっかり映されても苦しいと思いますが。

 

 

『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』
邦題 『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』
原題 『中國機長』
公開 2020年10月2日(日本)/2019年10月17日(香港)
鑑賞 劇場
配役 成都空港の主任/汪主任(エンドクレジット未確認です)

 少しですが、吴樾さんが何度か出ている場面があるのでおすすめです。

アクションシーンはなく、管理職役の吴樾さんが見られます。

全体的な作品の質も高いので、作品自体もおすすめです。

この作品の吴樾さんは無事で、安心して見られるのもおすすめです。

作品の主題となる事故には緊張感があるので作品そのものには安心して見ることができませんが…